香川高専3年生蓮池くんと琴平バス株式会社代表楠木さ

こんにちは、古市です!

今日は、香川高専3年生の蓮池くんをインタビューしました。

蓮池くんは高専生の中でも群を抜いてグローバル人材!

●蓮池くんの活動
・高専の2年生でタイへ研修
・今年の夏にはフィリピンへ語学留学

かなりアクティブですねぇ。

また、香川を盛り上げたい!という気持ちが強く、香川県内の国際交流支援、外国人観光客に向けたコンテンツ開発を目指しています。

そんな彼を応援したい!と、県内屈指の観光会社である琴平バス株式会社様がスポンサーに!

今回の記事では、蓮池くんが歩んできたグローバルな軌跡と今後の活動目標について聞きました。

久しぶり!元気にしてた?

DUOの単語が覚えられないです!!笑

Natto smells awful….しか例文覚えてないわ!

絶賛暗記中の範囲ですね。

Q.海外に目を向けたきっかけは?

高専の一年生のとき、当時5年生の古市さんに出会ったことがきっかです。ポーランドに交友関係を持つ先輩を見て、自分も海外に行くことで新たな価値観を得ることができるのではないか?と思いました。

そこで初めに目をつけたのが、学校が主催するタイへの研修プログラムです。

あれから2年経つのか。
懐かしいね。
タイの研修プログラムはどうだった?

現地の人と英語を使ったコミュニケーションがうまく取れず、物凄くナイーブになりました。

ただ、英語を使えなくても翻訳アプリを使ったり、試行錯誤しながらコミュニケーションを取ろうと意識したことで自分自身のナイーブな気持ちがなくなりました。

そうすると、現地の人と楽しくコミュニケーションが取れるようになり「言葉が通じなくても、気持ちさえ通じれば異文化の方と楽しい時間が過ごせる」ということに気づきました。

外国の方とコミュニケーションを取る上で、一番課題になるのが言語の壁だよね。

でも、言葉は通じなくても同じ人間だからジェスチャーや表情で大体のニュアンスは通じるよなー。

Q.フィリピンに留学を決めた理由は?

タイの研修を踏まえて短期間で、かつコストを抑えて英語力をつけようと思ったからです。

フィリピンの語学学校の特徴として、マンツーマンレッスンを低価格で受けることができます。自分のレベルにあった授業を受けることができるため、効率よく英語力の改善と向上に役立つと考えました。

現地でどんな活動をしたの??

現地の貧困問題に関するボランティア活動に参加しました。
ストリートチルドレンと呼ばれる貧困層の子供達に食事を提供したり、家庭に訪問したりすることでフィンリピンの貧困状況を肌で感じることができました。

一番心に残った出来事は、現地の案内をしてくれた女の子に感謝の気持ちを込め、ボールペンをプレゼントしようとしたときのことです。

「あなたのボールペンはいりません。あなたと過ごした時間が私にとっての最高のプレゼントです。」

こんな素敵な言葉を彼女からもらったんですよね。

僕がボールペンを持っていることに気付いた、現地の子供たちの多くは「ボールペンをちょうだい!」と、決まってお願いしてくるんです。

そういうことがあったので、女の子に感謝の気持ちを伝えるにはボールペンを渡すことが彼女にとって嬉しいことなんだろうと思ってたんです。

でも、彼女の一言を受け「人それぞれ幸せだと思うことが違うから、その人に合った価値の提供」が大切なんだと気づきました。

素敵な話だね。好きな子に言われたら、一瞬できゅんってなるフレーズNo.1だわ。

ボランティア以外活動したことはありますか?

ショッピングモールの前でフリーハグを実践したり、現地の人100人にアンケートを実施したりして、フィリピン人の考え方を知ることができました。

アンケートで幸福度に関する質問に答えてもらったんですが、8割の人が「今が最も幸せである」と答えてくれました。フィリピン人の多くは、1日1日を楽しんで生活しているということをアンケートを通して知ることができたんですよね。

彼らと生活をしていると、たしかに毎日楽しそうに暮らしている人が多かったように思えます。

我々、日本人も見習いたいところです。。

Q.今後の活動内容を教えてください!

琴平バス株式会社代表と議論する蓮池くん

僕自身、国際交流に力をいれたいと考えています。

その一貫で琴平バスさんと協力しながら

外国人観光客香川在住の外国籍の方香川に住む学生を繋げるイベント企画していきたいです。

香川には国際交流ができる場が非常に少ないため、国際交流できる場を僕が創ることで、県内の学生に国際交流の場を提供したいです!!

最後に

冒頭でも触れましたが
「蓮池くんの活動を応援したい!」と、香川屈指の観光会社である琴平バス株式会社様が協賛企業として彼の活動に全面協力してくれることが決まりました!

実は、琴平バス株式会社代表楠木さんに僕も大変お世話になりました。代表は血気盛んな若者を全力で応援してくれる熱い方です。

蓮池くん、香川県を頼んだ!!今後の活躍を楽しみにしてます。